埼玉県川口市のホームページ制作・WEBデザイン事務所

ホームページにお問い合わせフォームは必要か

トピック 2016年5月4日
eyecatch_mailform

ホームページにお問い合わせフォームは必要でしょうか?

もちろんそれはケースバイケースになりますが、ないよりはあった方がいい、そんな漠然とした考えをお持ちの方も多いのではないかと思います。何を隠そう、その一人が私でした。

商用で、利益を期待してホームページを運営するのであれば、お問い合わせフォームについてもしっかりと理解しておくことが大切であり、設置の必要性や改善の余地などを正しく判断できるのではないかと思います。

そんなわけで、今回はお問い合わせフォームのメリットについて考えてみました!

代表的なお問い合わせ窓口

  • 電話
  • メール
  • お問い合わせフォーム

ホームページ運営者への代表的なコンタクト方法としては上記のようなものでしょうか。

その他には、TwitterなどのSNS経由、FAX、掲示板の設置などありそうですが、あまり一般的ではありませんね!
電話は受付時間が限られること、常に対応する人員を用意しておく必要があること、などの欠点があり、それを補ってくれるのがメールやお問い合わせフォーム、と言えそうです。

お問い合わせフォームのメリット

では、メールにはなくて、お問い合わせフォームにあるメリットは何なのでしょうか。
思いつく中で重要だと思えるものをあげてみます。

1. メールアドレスを晒さずにすむ

ホームページにメールアドレスを載せると迷惑メールの餌食となってしまいます。
実際に大量の迷惑メールにお困りな方も多いはずです。
お問い合わせフォームの場合はメールアドレスが公開されないので、こういった心配が少なくなります。

ちなみに、メールアドレスを載せる場合には一工夫を施すことで、迷惑メールを減らすことができます。
@(アットマーク)を別の記号に変えたりするのもその1つですね!
他にも対策方法はいろいろとあります!

2. 欲しい情報を入手できる

お問い合わせフォームは入力項目を指定できるので、運営者が知りたい情報を確実に入手することができます。
住所や電話番号が必須項目となっているケースはよくありますね。
問い合わせ、資料請求、申し込みなどの選択項目を付けることで、コンタクトの目的を明確に区別することも可能になります。

3. メーラーを使わずに送信できる

メーラーとはメールの送受信や管理をするソフトのことで、お問い合わせフォームはメーラーを使わずに、そのページにアクセスするだけで入力内容を送信することができます。
つまり、普段使用しているパソコンやスマートフォンでなく、別の端末からでも問い合わせが可能になるということです!

4. 問い合わせ数を確認しやすい

お問い合わせフォームに送信完了ページを用意することで、アクセス解析にて問い合わせ数(コンバージョン)を確認することが出来るようになります。
ホームページの成果の確認、改善の検討をしていく上で、正確な数字を簡単に把握できるようにすることは非常に重要な事だと言えます。

まとめ

お問い合わせフォームが完全というわけではありませんが、設置するメリットは確実にありそうです。

どちらにしろ、ホームページを通して利益をもたらすことを目的としているのであれば、問い合わせの窓口は多いに越したことはないので、電話、メール、お問い合わせフォームと、可能な限り複数用意しておくのが良いと思います。

目的と環境に合わせて上手に利用していきたいですね!

以上、お問い合わせフォームについての考察でした。


B-plusインタビュー